Loading...

日本AED財団 AED N@VI
個人サポーターへご協力のお願い

 年間7万人を越える方に発生している、突然の心停止。その救命には自動体外式除細動器(AED)の使用が有効ですが、心停止の瞬間を目撃された方であっても、AEDが使われる割合は5%未満です。
 現在AEDの設置情報を共有するサイトは複数ありますが、全国規模で精度の高い情報を随時更新するシステムはいまだ整備されていません。
 一般財団法人日本AED財団は、突然の心停止となった方に対してAEDが使われる機会を増やし、救命率を向上させることを目指し、市民の協力によって正確で新しいAED設置情報を集め、広く共有する新AEDマップ:AED N@VIを開発し、2019年1月8日にリリースしました。

図 AED N@VIイメージ

 AED N@VIはホームページを通じて登録されたボランティア(サポーターと呼びます)が、周囲のAED設置情報を投稿・共有できる仕組みです。集められたAEDの設置情報はオープンデータとして公開され、誰でも使えるようになります。

1. 個人サポーターの役割


個人サポーターとは、AED N@VIの取り組みに協力いただく個人のボランティアを指します。AED N@VIのホームページを通じてメールアドレスを登録し、申し込みいただいたければどなたでも登録いただけます。

AEDの設置情報を共有し、一人でも多くの方を救命するために、個人サポーターとして是非ご協力ください。

2. 登録方法


AED N@VIのホームページの「個人サポーター申し込み」から、必要事項を入力の上お申込みください。

3. AED設置情報の登録方法


AED N@VIホームページの操作マニュアルをご覧ください。

4. よくある質問


Q.個人サポーターになることに伴う義務等はありますか?

A.個人サポーターになることで発生する義務は特にございませんが、AEDの設置情報の精度を維持するため、情報登録を促す協力依頼等、連絡させていただく場合があります。

Q.AEDの設置情報を確認する際の注意点はありますか?設置者に情報を問い合わせた方が良いのでしょうか。

A.AED N@VIでは、設置者の方におたずねいただかなくてもサポーターが知りうる範囲の情報を登録できるシステムとなっています。ただし、設置者に直接おたずねいただくことで、AEDの使用可能時間等、AEDの使用に当たって重要な情報を把握することが出来ます。設置者に問い合わせを行うことは難しいかもしれませんが、できる範囲で問い合わせを頂けますと幸いです。参考になる問い合わせ文案をこちらに準備しましたので、参照ください。

Q.登録や利用の上で、トラブルに巻き込まれた場合はどうすれば良いですか?登録した情報が悪用される恐れはありますか?

A.基本的に善意のもとで運営されているシステムであり、悪用される可能性やトラブルはゼロとは言えません。ご心配でしたらAED財団事務局までご相談下さい。